せフレが欲しくなったときには

現代の人にとって、せフレというのはかなり身近な存在になってきているのかもしれません。
例えば、別に恋人は欲しいとは思わないけど、セックスがしたいので定期的に会ってセックスできるせフレが欲しい、と思ったことはないでしょうか。
最近では、こういうせフレというような気軽な関係を求めている人も、非常に多くなってきているようです。
恋人関係になってしまうと、関係が面倒になったり、重くなってきてしまうところも出てきてしまいます。
そこで、もっと気楽にセックスだけを楽しむことができるような、せフレの関係を求めることが増えてきているのかもしれません。
昔に比べて、性交渉に対しては明らかに奔放になってきているので、その影響の一つともいえるかもしれませんね。
そんなことから、高校生でも中学生であっても、最近ではすぐに肉体関係を結んでしまうという人が増えてきているようです。
せフレという形で、気軽にセックスできる相手を見つけるのなら、自分の身の周りにいる軽そうな人を見つけるか、軽そうな人と出会うという方法があります。
しかし、そんなタイプの相手が簡単に見つかるわけではないので、せフレを得るためにも多少の努力が必要でしょう。
軽い関係だからといって、手に入るのも簡単というわけでは、実はないのですね。
せフレとしての出会いを見つけるために、出会い系サイトを使っている人もいますし、いろいろなところで試行錯誤してみましょう。
もちろん、ただサイトに登録をしたというだけでは、相手を見つけることができるわけではありませんので、そこで自分から行動を起こしたり、努力が必要なのです。


目次
1.せフレが欲しくなったときには

2.手当たり次第に出会ってエッチするのはオススメできない

3.なぜ女性はせふれを作るのか?

4.大人の男性と付き合ってみたい

5.果たして誰にでもセフレは作れるのか?

6.セックスフレンドと割り切ったつもりが

7.若い子よりも良い理由

8.セックスレスになるぐらいなら・・・

9.せふれがいるから恋人とも上手く付き合える

10.せふれと恋人の違いは態度の誠実さ

11.セフレのデメリットを把握しておこう

手当たり次第に出会ってエッチするのはオススメできない

セフレせふれを作る方法の1つに、せふれサイトに登録をして、とにかく手当たり次第に出会ってエッチをする方法があります。
そして、その中からエッチで満足できた相手とセフレとして付き合うわけです。

もちろん、この方法も決して間違いというわけではないのですが、あまりオススメできるやり方ではないのです。
実際に相手と出会ってエッチをするとなれば、どうしてもある程度の時間を割く必要がありますし、ホテル代などのお金もかかってしまいます。

時間にもお金にも余裕がある人ならこの方法でもいいのですが、そういった人はかなり少ないと思われます。
やはり、実際に出会ってエッチをする前に、ある程度良さそうな相手を絞っておくことが必要なのです。

せふれサイトには、検索機能もあるわけですし、年齢や地域やタイプなど、いろんな条件で相手を検索することができるわけです。
さらに詳しい情報も、プロフィールを見れば分かるわけですから、それだけでもかなり相手を絞ることができると思います。

その後、良さそうな相手とメールのやり取りを行い、最終的に出会ってエッチをして判断すればいいわけです。
これなら、そこまで時間を費やすこともないですし、無駄に多くのお金を遣うことも防げるのです。

相手を検索したり、メールのやり取りをしたりするのは、家にいる時はもちろん、お店や電車の中でもできるわけです。
でも、相手とエッチをするとなれば、ホテルという限られた場所でしかできないので、そこが大きな違いとなるのです。

どのようにしてせふれを探すかは人それぞれですが、できるだけ効率的な方法で探すのがいいのです。

なぜ女性はせふれを作るのか?

男性がせふれを作る心理は理解出来ても、なぜ女性がセフレを作るの?
そんなふうに思う男性もいるでしょう。
もちろん女性に性欲がないとは言いませんが、性欲自体は男性よりも少ないと男性は思いがちです。
確かに恋人に対して女性は、あまりセックスに積極的な態度はとらないかもしれません。
好きな相手には淫乱だと思われたくないからです。
そして本当はして欲しい行為があったとしても、その要望すら口に出す事が出来ません。

恋人の前で我慢しているために、欲求不満になってしまい、それをせふれで満たそうとするわけです。
または既婚者でもセックスレスな夫婦は少なくありません。
セックスレスな場合はセックスをしていないから欲求不満だという状況もあります。
しかしそれ以上に、自分が女としてもう魅力がないのかもしれないと自信を喪失してしまいがちです。

だからこそ女としてまだ魅力があると自信を取り戻すためにセフレを作るのです。
それにセックスをした方が女性ホルモンが活発になり、若々しく綺麗でいられるのです。
そのため美容目的でせふれを作る人もいるでしょう。

またフリーの女性の場合は、普段は恋人なんていらないと思っていても、時々孤独を感じる夜もあるかもしれません。
そんな時に人肌が恋しくなってせふれを求めるという人もいるでしょう。

他にも日常生活の中でいろいろ忙しくてストレスも溜まっている、そんな時に愚痴を聞いて欲しい、優しくしてほしいと癒されたい女性もセフレを作るでしょう。
つまり女性がせふれを作る理由は複数の理由が考えられます。
相手の女性がセフレに何を求めているのか?男性は知ってそれを満たしてあげるべきです。

大人の男性と付き合ってみたい

大人の男性今若い女性の間で、大人の男性と付き合ってみたいと思っている女性が増えているようです。
でもそれって40代でも福山雅治のような大人の色気のある格好いい男性限定なんじゃないの?
そう思う男性も多いかもしれません。
しかし芸能人みたいに若々しく、格好良くもなくても年上の男性に憧れる理由はちゃんとあります。

それは同世代にはない、精神的余裕や経済的余裕、そしてセックスの余裕などが挙げられます。
確かに20代の男性といえば、やりたい盛りですから、相手の事を考える余裕がなく、自分の欲望のままにセックスをするのかもしれません。
またラブホテルにしても、20代はお金に余裕がないので、なるべく安いラブホテルを探してそこですまそうとするのかもしれません。

男性が支払ってくれるとはいえ、やはり安いラブホテルだと自分にはお金をかける価値がないわけ?と不満に思うでしょう。
つまり同世代の男性にはない余裕こそが若い女性が年上の男性に求めているのです。

ただし、それはあくまでもせふれ関係において・・・・と言えるかもしれません。
実際に恋人として付き合ったり、結婚を考える相手はやはり同世代と思う女性が多いようです。
子供を産むなら若いお父さんの方がいいですし、長く働いてくれる相手の方がいいですよね。
最近年の差カップルも芸能人などで多いですが、それでも親と同世代の相手と付き合うという事は老後の面倒とか大変そうです。

もっとも男性の方も、若い女性と真剣に付き合うというよりも、せふれとして付き合いたいと思っている人が多いのでお互い都合がいい関係なのです。

果たして誰にでもセフレは作れるのか?

よくネットの記事などで、「せふれは誰にでも作れる」なんてフレーズを目にします。
果たして、こういったフレーズは本当なのでしょうか?

結論から言えば、そういったフレーズは嘘ではありません。
どんな人であっても、せふれを作ることは可能なのです。

ただ、ここで勘違いしてはいけないのは、誰にでもせふれを作ることはできるでしょうが、絶対にセフレを作れるというわけではないのです。

つまり、セフレを作りたいと思っても、なんの努力もせずにただ待っているだけでは、決してセフレを作ることはできないのです。
そんな状況では、どれだけ容姿が良くてもせふれを作ることは無理なのです。

ですから、例えば出会い系サイトでせふれを探す場合であっても、どんどんいろんな異性にアプローチをしたり、積極的にコミュニケーションを取ったりして、セフレになれるよう頑張らないといけないのです。

それに、セフレを作れるハードルが低くなったことで、逆にライバルも増えたことになるわけですから、そのライバルに先を越されないためにも、アグレッシブに行動するようにしましょう。

そして、もしせふれを作ることができても、そこから関係を持続できるよう努めていかないと、すぐに別れることになってしまうのです。
せっかくせふれを作れたのに、あっという間に関係が終わるのはあまりに虚しいでしょうから。

せふれだけに限らず、自分の願望を満たすためには、それ相応の努力と行動が必要になってくるのです。
それができてこそ、初めてどんな人でもせふれを作れる状況になるのです。
そこを常に意識することで、自分にもセフレと付き合えるチャンスが訪れるのです。

セックスフレンドと割り切ったつもりが

セックスフレンドセックスフレンドを作る人は、独身の人や恋人がいない人だけに限らないのです。
むしろ、結婚をしているのにセックスフレンドを作る人はたくさんいるのです。

特に人妻の場合は、セックスレスになったり性欲に飢える傾向が強いので、出会い系サイトなどでセックスフレンドを作る傾向が強いようです。

ただ、結婚をしているという状況ですから、決して深い付き合いをするわけにはいきません。
あくまでもセックスだけの関係だと割り切って付き合い、相手に対して感情は一切抱かないのが鉄則なのです。

ところが、セックスフレンドだと割り切ったつもりが、つい一線を超えてしまうケースも少なからず存在するのです。
セックスフレンドのお相手が、とっても優しくて温かみのある人だと、どうしても好きだという感情を持ってしまうのです。
エッチだけの関係では満足できず、それ以上の関係を求めたくなってしまうのです。

その結果として、不倫という結末を選んでしまう人もいたりするのです。
セックスフレンドで留めておけば、よほどのことがない限り大事にはならないでしょうが、不倫となればそうもいきません。

バレるリスクは格段に高まりますし、バレた時のリスクもやはり非常に高いと言えるのです。
しかし、それも全て承知の上で、不倫をしてしまう人もいるわけです。

自分は大丈夫だと思っている人も、セックスフレンドと付き合えばどうなるか分からないのです。
感情をしっかりと抑えられる人なんて、そう多くはいませんから。

もしも結婚をしている状況でセックスフレンドを作るのであれば、そういったことを常に頭に入れておくようにしましょう。

若い子よりも良い理由

セックスフレンドを見つけるとき、自分ならどんな女性を希望しますか?

若い女性が圧倒的人気です。
なぜそこまで若い女性が人気かと言いますと、年齢を重ねた男性や若い男性は、少しでも肌がピチピチでスベスベの子とセックスがしたいんです。

まず若い男性が若い女性を狙うには、ただ単に友達に自慢したいだけという事が一番多いですね。
「俺18歳の女性とせふれなんだよね~」というのは友達からすれば、とても羨ましい事なんですよ。
だから若い男性が若い女性を求めるのは、ただ単に自慢したいだけ。

そして30代以上の男性が若い女性を狙うのは、自分の周りが30代以上という事で、今までセックス体験してきた相手も30代以上なんです・・・

時には若い女性とセックスしたいという願望で狙っているんですね。

じゃあ若い女性しかセフレを見つける事はできないじゃないか!と熟女の方はあきらめてしまいがちですが諦める必要はないんです。

実は若い子よりも熟女の人の方がセックス相手には適しているのです。
ただ、それに男性陣は気づいていないだけの事。

一度熟女の方とセックスをすると、必ずはまりますね!
経験してきた回数が多いだけあって、喘ぎ声の出し方や男性が喜ぶ部位をきちんと理解しています。
そしてやりたくない事でも、熟女の人は率先してやってくれるので、男性にはうれしい事続きなんです。

筆者も熟女の方とせふれサイトで出会ってセフレになったのですが、これ以上ない幸せなセックスをさせてもらいました。

熟女の方とセックスをしてからは、若い子を狙わなくなったのは事実です。

セックスレスになるぐらいなら・・・

セックスレスセックスレスは自然とストレスになります。

セックス好きからすれば、毎日毎日したいと思います。
でも、断られてしまうと「なんでしてくれないの?」
「俺の事好きじゃないの?」と思います。

そこからお互いに壁ができてしまって、いつの間にかセックスもしなくなってしまう・・・。

結婚するととくにそうですよね。
恋人の時は幸せでセックスも毎回会うたびにしていたかもしれません。

でも結婚すると毎日一緒にいるので、セックスもおろそかになってしまうのが事実。
じゃあセックスレスになった人たちは、どうしているのか?

セックスをしなくなってしまうのか?
いいえ。
そんな事はありません!

セックスを恋人、夫婦で出来なくなった場合は、セックスフレンドを見つけるという方法があるんですね。
セックスフレンドを見つける事でストレスにならないように、自分なりに考えているのです。

セックス好き同士が集まれば、当然、気持ち良いセックスができますし、嫌なセックスにもなりません。

無理矢理感もないので、気軽にできちゃうんですね。

セックスができるだけで気分も変わって、ストレスも溜まりにくくなります。
だから、もし恋人とセックスができなくなってしまった。
夫婦になってからセックスを拒否られるようになって困っているのであれば、今はせふれサイトがあるので、そちらでセフレを作るにもありじゃないかなって思います。

自分がそれで満足できるのであれば、作っても良い関係ですからね。
ただ、人さまに迷惑はかけてはなりません。

そこだけきちんと大人の対応ができれば、セックスフレンドは簡単に作れます。

せふれがいるから恋人とも上手く付き合える

セフレと付き合っている人の中には、恋人がいる人も決して少なくありません。
一見すると、恋人がいるのにせふれと付き合うのは、「恋人関係に亀裂が入るのではないか?」、そう思う人も多いかもしれません。

しかし、実際はむしろ逆で、セフレがいるからこそ恋人とも上手く付き合うことができるのです。
もちろん、全ての人が当てはまるわけではありませんが、そのような傾向が強いのです。

例えば、恋人に対して何の不満もなく充実した恋愛関係を築けていても、エッチだけはどうしても物足りなさを感じる人も多いのです。
そもそも恋人とのエッチは、相手に対して常に気遣いをしないといけませんし、自分がやりたいエッチも我慢しないといけないことが多いのです。

それに、同じようなエッチばかり続けていると、たとえ好きな相手であってもどうしてもマンネリ感を抱いてしまうのです。
それが長く続いてしまうと、場合によっては恋人関係にヒビが入ってしまう可能性もあるのです。

だからこそ、せふれを作って適度に性欲を満たすことで、恋人関係に影響を与えずに済むわけです。
セフレとのエッチなら、ある程度自分がやりたいエッチができますし、また違うエッチを楽しめるのでマンネリを解消できるのです。

無理に性欲を溜め込んでしまうと、それが恋人関係を終わらせるきっかけになりかねませんから、それだったらセフレと付き合った方がいいと考えるわけです。

もちろん、こういった考え方には賛否両論があると思いますし、少なくとも大っぴらには言えないかもしれません。
ただ、大事なのは周囲の声や世間の印象ではなく、自分にとってどういう選択をするのベストなのか、そこを第一に考えるべきなのです。

せふれと恋人の違いは態度の誠実さ

誠実さセフレと恋人の違いは・・・・というと態度の誠実さが違います。
せふれに対して男性は何の責任も負う事はありません。
こんな事を言ってしまうと不誠実だと怒られるかもしれませんが、セックスさえ出来ればそれでいいのです。

ですから万が一、避妊に失敗して妊娠をしてしまったとしても、その責任をとって結婚して子供を一緒に育てようとはならないでしょう。
それどころか、妊娠したと告げられたらまず疑うはずです。
「それは本当に俺の子か?」と、確かにセフレ関係は必ずしも1対1の関係ではありません。
複数のせふれがいる場合もありますし、セフレを作るぐらいですから、貞操観念は強い方ではありません。

だからこそ、自分の子である証拠はあるのか?と疑ってしまうわけです。
もし同じ状況になったとしても、恋人の場合は違います。
妊娠を機に結婚を意識する男性は多いでしょう。
またどうしてもまだ結婚出来ない状況であれば、少なくとも中絶の費用は負担し病院に付き合ってくれるでしょう。
少なくとも「本当に俺の子か?」と疑う事はまずありません。

妊娠の例が一番態度の誠実さが出るので紹介しましたが、もちろんもっと身近なところでも態度の差を感じる事があるかもしれません。
例えばせふれと会う約束をしていても、彼女が体調不良で寝込んでいたら、セフレとの約束をドタキャンして、彼女の看病へ行くでしょう、
そんなふうに第一優先するべき対象なのか、そうではないのかという点で態度の誠実さに差が出てしまうのです。

もっとも態度の誠実さに関して言うのであれば、元々の個人の性格による差も大きく関与します。

セフレのデメリットを把握しておこう

せふれというと、面倒なく女性とセックスをする事が出来る関係。
まさに男性にとっては理想的な関係だと言えるでしょう。
お金も時間もかからないし、セックスが楽しめる、メリットばかりの関係。
そんなふうに思ってるかもしれません。
しかしセフレにもデメリットがあるという事をしっかりと把握しておくべきです。

ではせふれのデメリットをいくつか紹介しましょう。
まず一番大きなデメリットは病気の感染です。
必ずしもセックスにより性病が感染するわけではありません。
しかし恋人とだけ付き合っている相手と比較すれば、不特定多数の相手とセックスをするわけですから感染ルートは拡大します。
その結果、いつどのタイミングで感染するのか分かりません。

またセフレがいる事が恋人や結婚相手にバレた時に、失うものがあるという事です。
もちろんバレないように注意して行動していると思います。
ですが必ずバレないという保証はどこにもありません。
もしバレてしまった場合に相手が浮気を許さないタイプの女性であれば、別れが俟っているかもしれません。

別れる事で、平穏な日常生活を失うリスクがあるわけです。
またこれは自業自得かもしれませんが、女性に対して不信感を持つ結果になってしまうかもしれません。

いろんなせふれとセックスをしていると、その中には恋人がいる女性、結婚している女性もいます。
そしてどう見てもセフレなんて作らないタイプに見える女性もいるでしょう。
そうすると不安になってきませんか?もしかすると自分の恋人もセフレを作っているんじゃ・・・・と。
そんな疑心暗鬼な状態になってしまうのも、せふれのもたらすデメリットと言えるかもしれませんね。

公開日:2015年10月1日
最終更新日:2016年8月29日

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.